自分磨き

がんばる女性の強いミカタ!書くほどに夢が叶うおすすめの手帳5選

2017年をむかえて早くも数カ月、季節はそろそろ新年度。「今年はダイエットを成功させるぞ!」「今年はプライベートも仕事も充実させたい!」など、新たに目標を立てた方も少なくないはず。しかし決意を新たにしたのはいいけれど、気づけば忙しさで目標を決めたことすら忘れていた……なんて経験はありませんか?

 

今年こそ挫折せずに理想の自分を実現するために、手帳を有効活用してみてはいかがでしょうか。頑張るあなたに向けて、“書くほどに願いが叶う”手帳をご紹介していきます。

プライベートを充実させたいあなたに、『週末野心手帳』

Photo byAmazon

 

「雑誌で話題のお店に行ってみたい」「彼と一緒に温泉旅行に行きたい」。そのときは気持ちが盛り上がっても、忘れてしまうことが多いですよね。自分の小さな目標を叶えるためには、計画的にスケジュールを立てることがなにより大切。そこでおすすめなのが、はあちゅうさん(@ha_chu)と村上萌さん(@moemurakami_)がプロデュースする『週末野心手帳』。

 

ティファニーブルーとヴィンテージピンクの2色が展開されていて、持ち歩くだけで気分があがります。それだけでなく、この『週末野心手帳』にはやりたいことを具体的に、いつまでにやるのかを決める仕掛けがいっぱい。例えば、毎週末のプランをWEEKENDPLANに書き込むことで、「ゼッタイにこれをする!」という計画を立てられます。

 

 

実は筆者も、『週末野心手帳』愛用者のひとり。職業柄2月が繁忙期だったため、3月は「話題の映画を見たい」「春物の服がほしい」とやりたいことがたくさんありました。そこでWEEKENDPLANに映画『ラ・ラ・ランド』を見に行きたい、『ダイアナ』で春物のパンプスを買いたい、と書き込み。

 

きちんとスケジューリングできただけでなく、いつもよりワクワクした気持ちで週末をむかえることができました。自分の小さな野心をひとつずつ叶えてあげることで、あなたの生活が豊かになること間違いなしです。プライベートを充実させたいという方に、『週末野心手帳』をぜひおすすめします。

美を磨きたいあなたに、『MEGUMI KANZAKI SCHEDULE BOOK

Photo byAmazon

 

「キレイになって今年こそ彼氏をつくる!」――しかし目標を立てたのはいいものの、どう頑張ればいいかわからない、という方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、美容家の神埼恵さん(@megumi_kanzaki)がプロデュースした『MEGUMI KANZAKI SCHEDULE BOOK 2017』。手にしっとり馴染む合皮素材で、ピンクとターコイズの2色展開。実は去年、筆者もこの手帳を使っていました。キレイになりたい女性たちの間で話題になり、累計90万部を突破したそうです。

 

巻頭には理想の自分になるための年間ワークシートが用意されています。まずは1年後の自分をイメージして「365日でどんな自分になりたいか」「そのためにどんなことをすればいいか」などを記入。そして理想の自分に近づくために、「365日でなにを手に入れたいか」「手に入れたいものリスト」など、現状と理想のギャップを埋めるためのワークを実施します。自分のなりたい姿と実現方法を整理することで、1年後にはきっと今よりもキレイなあなたになっていることでしょう。

 

また、筆者のお目当ては、手帳にちりばめられた神崎恵さんのビューティーコラム。ウィークリーごとにプチコラムがあり、季節に合った美容やファッションのヒントを教えてくれます。また、巻末にあるビューティーコラムは必見。ヘアアレンジ、メイク直し、ネイル、ライフスタイルなど、外見も内面も美しくなるためのアイデアを惜しげもなく披露しています。化粧品選びやファッションのお手本など、筆者もこの手帳のコラムを参考にすることができました。多くの女性に見てほしい1冊です。

勉強を頑張りたいあなたに、『朝活手帳』

Photo by朝活手帳

 

資格取得やキャリアアップなど、時間を効率的に利用して勉強したいというあなた。朝活をサポートする『朝活手帳』はいかがですか? 『朝活手帳』は、株式会社朝6時を経営する池田千恵さん(池田千恵公式サイト)が提供している、朝活をサポートする手帳です。池田さんは朝4時に起きる習慣を身につけて人生を変えた経験を持っており、手帳にも朝時間を活用するためのノウハウがぎゅっと詰まっています。

 

月ごとのカレンダーに加え、朝4時から9時までの予定を時間単位で書き込めるようになっているのが『朝活手帳』の特徴。朝の時間を資格取得の勉強にあてるのであれば、1時間復習をして、2時間で勉強を進め、1時間でテストをする……など、前もって計画を立てることでムダなく時間を有効活用できます。さらに起床時間や睡眠時間の目標と実績を書き込むスペースがあり、「○時間寝ないと仕事に支障がでるから、毎日○時には寝て……」と効率的に勉強に取り組めます。脳が活発に働くといわれている朝型生活に切り替えることで、勉強もはかどりそうです。キャリアアップや転職のために勉強するなら、『朝活手帳』がピッタリです。

お金を貯めたいあなたに、『かしこくお金を貯めるノート』

Photo byAmazon

 

「将来に向けて結婚資金を貯金したい」「お金を貯めて海外旅行に行きたい」という方におすすめなのが、文具メーカーのコクヨから発売されている『かしこくお金を貯めるノート』です。テレビや雑誌で活躍しているファイナンシャルプランナーの山口京子さんが監修した手帳で、わかりやすくお金の使い方を見直すことができます。毎月の収支をつけるだけでなく、お金との向き合い方を変えていけるのがこの手帳の特徴。

 

例えば、手帳には「こだわりと節約ポイントを決めましょう」という項目があります。生活に関するすべてを切り詰めるのでは、ストレスを感じて節約も長続きしません。そこで、「将来の結婚相手を見つけるために交際費は削れない」など、今の自分に必要なお金を考えることができます。

 

その一方で「節約できそうなもの」「節約方法」などを書き出すページもあり、意識的にムダな出費を減らすことができそうです。「なににどれだけお金を使ったか」を記録するページもあるので、家計簿が苦手な方も“手帳”として活用するのなら習慣が続くのではないでしょうか。500円前後で購入できるのも、お財布に優しくて嬉しいところです。

仕事を頑張るあなたに、『アクションプランナー』

Photo byAmazon

 

入社して数年経つと、任される仕事の責任もだんだん大きくなっていきます。4月から新年度がはじまり、新たな業務に携わるようになったり、責任の大きい仕事を任されたりする方も多いのではないでしょうか。仕事を頑張るあなたには、『アクションプランナー』がピッタリ。良いパフォーマンスをするためには、仕事の効率化が大切です。『アクションプランナー』はスケジュールを管理するというより、予定を「見える化」することで空き時間を見つけることが目的です。だからこの手帳ではTODOリストなどを載せず、“やりたいことをする時間”を先に手帳に書き込むようになっています。

 

そのように自分の時間を予約することで、上手に時間を活用することができそうです。仕事には“緊急度の高い重要なこと”と“緊急じゃないけど重要なこと”があるといわれています。仕事のできる人というのは、“緊急じゃないけど重要なこと”に力を入れているもの。あなたも『アクションプランナー』を使用することで、空き時間でスキルアップの勉強をしたり、これまで着手できなかった仕事に取り組んだり、時間を有効に活用できるようになるのではないでしょうか。

 

また、アクションプランナーは本皮、ラウンドジップ、パイソン柄など16種類の素材から選ぶことができます。カラーバリエーションも豊富で、どれも大人の女性にピッタリの品格を感じさせます。ビジネスパーソン受けもバッチリなので、会議や商談で大活躍すること間違いなしです。

手帳を活用して、夢を叶えましょう

忙しい日々の中で忘れがちな、「こうなりたい」という目標。キレイになりたい、スキルアップしたい、貯金したい、仕事で活躍したい、どんな目標でも構いません。それらをひとつずつ叶えていくことで、きっと毎日が豊かに、楽しくなるはず。今回ご紹介した手帳を有効活用することで、目標を叶えるきっかけになれば幸いです。ぜひ2017年は、理想の自分を手に入れてください。

 

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

ちーろ
プロフィール:大阪生まれ大阪育ちの25歳。半年前に家具販売員から求人広告のライターに転身を果たした。恋愛に関しては割と尽くすタイプなので、付き合った男性をダメにするという特技を持つ。高校時代に付き合っていた彼氏には自分の友人と浮気をされてフラれ、同棲していた彼氏には「もうちょっと遊びたくなっちゃった」とフラれた経験がある。しかし基本的にポジティブなので、新たな出会いを求めて日々奮闘中。

PAGE TO TOP