自分磨き

30歳を迎えても輝くために。20代のうちにやっておきたい女磨き10選

いま20代後半で、アラサーと呼ばれる領域にいるあなた。突然ですが、今の状態のままで「30歳」を迎えることに不安を感じたことはありませんか? 「今の自分を変えたいけど、何をしたらいいのか分からない」「30歳に向けて準備をしたいけど、何が必要なのか分からない」そんな漠然とした不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

 

今回の記事では、30歳を迎えることでよりキラキラ輝く女性になるために、20代のうちにやっておいた方がいいことを特集します。できることからぜひ試してみてください。

自由を満喫しておくこと&備えておくこと

 

自由気ままな20代と比べて、30代になると結婚、出産、介護などのライフイベントにより自身も周囲も動きにくくなってきます。また、体力的にもぐっと疲れやすくなり、お肌の変化を感じる頃でもあります。だから、今のうちにやりたいことはやっておくこと、そしてきたるべき将来にそなえて準備しておくことが、20代のうちにやるべき大切なことなのです。たとえば以下をご覧ください。

【1】 女友達とたくさん遊んでおく

30歳以上の女性に聞く中で一番多かった声が「もっと女友達と遊んでおけばよかった」という意見。なぜなら、30歳を超えると女性は急に既婚率、出産率が上がり、家庭のことで忙しく、なかなか出歩けなくなってしまうからです。今は毎週のようにつるんでいる女友達とも、互いに家庭ができれば気軽に会えなくなってしまうかも。

 

女性にとって、女友達とわいわい楽しむ時間は最高のストレス発散の場。イキイキしたあなたを作るものでもあるのです。会えるうちにたくさん遊んでおきましょう。

【2】 良い基礎化粧品をラインでそろえる

20代後半から30歳にかけてお肌の曲がり角が訪れます。20代のころは化粧水だけつけておけば絶好調だったお肌も、気づけば化粧水が浸透しにくい、乾燥しやすくツヤがない、化粧ノリが悪い……と自覚症状が出てくるはず。これらの症状を食い止めるには、20代のうちから評価の高いブランドの基礎化粧品を、ライン使いする習慣づくりが大切です(ブランドはバラバラよりもひとつに統一した方が効果的です)。

 

化粧水で肌を整え、美容液で成分を浸透させ、クリームでフタをする。この癖づけが30代のお肌を変えるのです。

3】引っ越してみる

今のお部屋、20代前半で就職したときからずっと同じ……なんてことはありませんか? そうでなくても、しばらく引っ越しをしていないという方は、思い切って引っ越しをしてみることをおすすめします。一日の中で一番過ごす時間の長いお部屋は、住む人のココロに大きな影響を及ぼします。ずっと同じお部屋にいると、ココロも刺激が足りず、興味や好奇心が減っていってしまうもの。

 

20代のうちに思い切って環境を変え、ココロに新鮮な刺激を与えてみることで、キモチも表情も明るくなり、結果的に女っぷりも磨かれるはず。引っ越しが難しければ、模様替えで雰囲気を変えることももちろん効果的ですよ。

4】ひとつでも趣味をつくる

 

なんとなくマンネリした今の自分を変えたいなら、興味を持って取り組める趣味をつくることが効果的。趣味の内容はなんでも構いません。「種からお花を育ててみる」「ランニングを始めてみる」「吹奏楽やテニスなど好きな分野の社会人サークルに入ってみる」など。

 

ひとつでもいいので楽しんで取り組めることができると、毎日に張り合いが出て、自信が出て来るものです。マンネリしたキモチのまま30歳に突入しないために、今のうちに「これが趣味です」と言えるものを見つけておきましょう。

5】大きな買い物をする

もうすぐ20代を終え、新たな領域に足を踏み入れようとしている自分に、ご褒美をあげるのはいかがでしょうか。ずっとほしかった憧れのブランドのバッグ。シンプルだけど質の良いダイヤモンドのピアス。シルエットが綺麗に見えるパーティードレス。

 

大きな買い物は決断に勇気がいりますが、きっとあなたに値段相応の自信と輝きを与えてくれるはずです。「普段はあまり高いものを買わない」という方も、せっかくの機会です。自分を輝かせるご褒美を探して、30歳を迎える自分をお祝いしてあげましょう。

6】運転免許を取る

「いつでも取れる」と思いがちな運転免許ですが、20代のうちに取っておくことをおすすめします。やはり若いうちのほうが運転に慣れやすいことは事実。それに数年後、結婚相手の転勤で急きょ車が必要な地域に引っ越さないとも限りません。人生、何が起きるか分かりませんよ。

 

30代は思わぬ転機を迎える人も多いので、いざというときに慌てないよう、20代のうちにできることは済ませておくことも、スマートな大人の女性への一歩です。

7】「いつかやりたい」と思っていることを実行する

年齢関係なくいつもキラキラと輝く大人の女性は、行動力があるもの。今は行動力に自信がないあなたも、まだ遅くはありません。今から行動力をつける第一歩として「いつかやりたい」と思っていることの一つを20代のうちに実現させる目標を立ててみましょう。とはいえ、なかなか動き出せないあなたには、紙に書いて目の見えるところに置いておくことがおすすめ。やりたいことと期限を紙に書き、手帳に挟んだり壁に貼るなどして、行動力を後押ししてみてくださいね。

8】海外旅行に行く

 

文化も言語も異なる海外に旅行をした経験は、女性としてのあなたを深める財産になります。そのため、なるべく機会を作って海外を訪れる経験を積んでおくことが大切。とはいえ、30歳を越えて結婚や出産などのライフイベントを迎えると、なかなか足を伸ばせなくなることが事実。「またいつか」と後回しにしがちですが、まだ身軽な20代のうちにさまざまな国に行っておくことも大切な女磨きです。

9】仕事に没頭する

他のことに気を取られず情熱を仕事に注ぎ込めるのは、身軽なうちだけ。「仕事に情熱を注ぐ必要あるの?」とお考えの方もいるかもしれませんが、一つのことに真剣に取り組み、成果を追い求めた経験は、女性としても人間としても幅を広げますし、自信を生むもの。仕事に没頭した経験がある大人の女性は、どこか自信がみなぎっているのはこれが理由ではないでしょうか。20代のうちに一度は仕事に一生懸命打ち込んでみることをおすすめします。

10】いろいろな男性と話してみる

これまであまり男性と話をする機会がなかった方、男性と話すことに苦手意識をお持ちの方は、ぜひ20代のうちにいろいろなタイプの男性と話すよう心がけてみて。というのも、一生をともに過ごす伴侶を探す上で、男性を見極めることは非常に大切。そして、正しく見極めるためには自分の中に基準をつくることが重要なのです。これまでより少しだけ積極的に話しかけてみることで、きたるべき場面でしっかり見極めができるように準備しておきましょう。

ポジティブなキモチで30歳を迎えるために

 

いかがでしょうか。30歳を迎えるというのは不安もありますが、女性としてワンランクステップアップするチャンスでもあります。20代のうちにしっかり準備をして、30歳を超えても輝く女性を目指しましょう。

 

 

アラサー女子の自分磨きはコチラもCheck!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

ししゃものたまご
プロフィール:求人広告のコピーライティング、Web記事のライティングが仕事。残業にまみれたオフィスの中で社内恋愛を経験し、同棲を経て2年前に結婚。外に出るよりも家の中でじっとしているほうがすき。

PAGE TO TOP