たられば恋愛道場

自分の年齢を棚にあげるな!40代をおじさん扱いする女に腹パンチ!

婚活女子の皆様、押忍!
柔道、ボクシングに加え極真空手をたしなむ、戦闘力がムダに高いこいとりライター・チョビベリーです。

 

男性が結婚相手の年齢にきびしい話は聞きますが、女性もその傾向にあるようで……。自分の年齢をわきまえずワガママを言う女子には、腹パンチをおみまいするのであります!

 

さあ、今回の相談者はどなたでしょうかッ?

 

婚活パーティーに行っても、恋愛対象外のおじさんばっかり!

B
本日の挑戦者は、京都府にお住まいのKさん(35歳)。

 

Kさん(35歳)「婚活パーティーに行っても、参加してる男性は40代後半とか50代のおじさんばっかり! 見た目がウチの会社の上司みたいな中年サラリーマンとか、父親くらいの人もいて……。

 

声をかけてくれるのは嬉しいんですけど、正直そんなおじさんと結婚する気はまったくおきません(笑)。20代とか30代の男の人なんてほとんどいないし、いい人に出会える気がしなくて。恋愛相談所に行っても紹介されるのは45歳の人とかなんですよね(ため息)。私がおじさんウケするタイプ、ってことなんでしょうか(笑)?」

 

年齢で差別するのは、若い女の子しか見えない男性と同じ!

Kさん、ハッキリ言って35歳はもうアラフォー。あなたに紹介する男性が40代なのは、そんなにおかしいことではありません。世間的に見て40代はおじさんと言われる年齢かもしれませんが、SMAPの平均年齢だって40歳を超えています。40代でもマッチョな人や、20代と間違えられるほど見た目が若い人もいます。素敵な40代の男性だって探せばたくさんいるハズなんです。

 

ましてや、40代50代がムリだなんて、「30代以上の女性とは結婚できない」って言う男性と同じですよ? ましてやKさんは35歳。一般男性からすると、「オマエが言うな!」っていうのがホンネだと思います。Kさんが壁をつくるのと同じように、自分も壁をつくられている可能性が大。まずは相手の年齢への偏見を捨てましょう。

 

年を重ねた人であるほど知識や趣味が豊富なうえ、貯金が多いなどのメリットが高くなります。「40代以上はみんなおじさん」とひとくくりにせず、1人の人として相手をきちんと見ることがあなたの人としての魅力もアップさせますよ。

 

ドラマのような「年下のイケメンの登場」に夢を見すぎないこと!

婚活中のアラサー女子が夢見がちなのが、ドラマやマンガに出てくる「年下のイケメンに誘惑される」というパターン。卓越したストーリーに夢中になるのは結構ですが、現実的にそんなオイシイ状況はまずありえないと思ってください。
早く結婚して幸せになりたいのであれば、35歳のKさんに恋してくれる可能性が高い年上男性から探す方が無難。あなたに恋する年下のイケメンが現れる確率は、白馬に乗った王子様と同じくらい低いのです!

 

婚活は40代、50代の男性も視野に入れる

C

 

30代の女性はオトナの魅力があるため、「20代の若い女の子よりも話がわかる」と熟年男性からはある程度支持があります。ただしKさんもあと5年で40歳。それを超えてしまうと、あなたがおじさん扱いしている40代の男性からもだんだん相手にされないようになります。40代、50代から声がかかっている今は幸せな状況と思ってください。

 

「この人かな?」と思える相手と出会っても、ある程度付き合ってお互いを知ってから結婚となると、少なくとも数ヶ月はかかります。出産も視野に入れると、30代のうちに全力で相手を探すことがホントに重要ということを理解してください。妥協しろとは言いませんが、ある程度自分の年齢も考えて行動に移すことが結婚への近道ですよ。

 

以上、チョビベリーでした! 押忍!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

チョビベリー
プロフィール:1982年生まれ。柔道・ボクシング・極真空手の経歴をもつ普通のOL。自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』を更新していたところ、その地味に笑いをさそう文体が評判を呼び女子向け・アウトドア・恋愛系メディアでライターを始める。ランチは女どうしで群れずに一人で食べる派。友人への恋愛ダメ出しに力が入りすぎて怖がられぎみ。

PAGE TO TOP