恋愛成就研究ラボ

俺通信男!便所男に注意せよ 合コン編【恋愛成就研究ラボ③】

99人の雑魚男に出会うべく、懸命に活動するエン子とアケミ。
婚活パーティーにはすでに10回も足を運んでいた。
今夜も恒例のバーラビリンスでの反省会を行っていた。
10回も足を運んだのに最初に会った平川佑真さんしか次につながりそうな人はいない。

 

 

アケミ「平川さんとまだデートしてないの?」

 

エン子「なかなかタイミング合わなくて。海外出張多くて忙しいんだよね」

 

アケミ「連絡はしてるんでしょ?」


エン子「うん、LINEはすごくいい感じなの」

 

 

 

佑真

 今、ニューヨークについたとこ

 

エン子

 いいなー。お仕事頑張ってください

 

佑真

 帰国したら会おう!

 

 

LINEでやり取りした情報によると平川さんは外務省で働くエリートで仕事が忙しく、女の人と出会う機会がないからと初めて婚活パーティーに参加したと言っていた。

 

 

 

アケミ「あー、まただ」


エン子「あ、あの例のIT企業のSEの人?」

 

アケミ「見てよ、これ!」

 

エン子がアケミの携帯を見ると、
コウジくんという男性から

 

 

 

寝てないけど、仕事頑張る。
今からラーメン食べる!
暑いのは嫌いだ。
六本木でパーリーナイツ

 

 

という一方通行のLINEが届いている。

 

 

 

京子様が後ろに仁王立ちしている。

 

京子「でた! 俺通信ね!」

 

アケミ「何ですかそれ?」

 

京子「彼氏でもなく、仲のいい男友達でもない「俺」から届く、どうでもいい日常をつづったメッセージ、それが俺通信よ」

 

アケミ「まさに俺通信。もうブロックしていいですよね?」

 

京子「そんな雑魚は早くブロックよ」

 

京子「友達も少ないだろうから、利用価値もあまりないわよ」

 

 

 

エン子「京子様~! 私たち心が折れそうです」

 

エン子「私なんかナルシストのボディビルダーをひいちゃいました。1日中筋肉トークでササミとプロテインしか食べられないデートでしたよ……」

 

京子「ぷっ! 本当にあんたたちって面白い!」

 

京子「婚活パーティーにはね、オレオレ男が現れやすいのよ。俺通信、俺の家、俺の仕事、俺の武勇伝、俺の友達」

 

京子「一番最悪なのはオレオレ詐欺よ!」

 

アケミ「え? 結婚詐欺みたいなものですか?」

 

京子「いや、結婚詐欺はかなりレアなケース。オレオレ詐欺は、俺話を信用して結婚したら、自慢していたわりに全然大したことなかったってパターンや、確かにお家は金持ちだけど介護つきの姑がいたパターン

 

エン子「うわ~! 絶対にやだ」

 

京子「俺俺男は一方的なコミュニケーションをとる男が多いわ」

 

京子「ま、でも、世の中のすべてのことには表と裏があるのよ。長所は短所にもなるし、その逆もあるわ

 

京子「例えば、イケメンで上場企業に勤めている男ってスペックだけでみるとかっこいいし、周りから羨望の目で見られる。イケメンだと子どもも可愛いはずよ。
でも、結婚したら浮気の心配があるわ。それに、年をとればイケメンよりも人間性の方が大事になる。だから、見た目や稼ぎなどのスペックだけで決めるのはダメよ!」

 

エン子「じゃあ、何で決めたらいいんですか?」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

MARUKO
恋愛ゲームのプロデューサーとして活躍し、50本以上の作品を世に送り出す。 女性の胸キュン・シチュエーションを追及するなかで、1万件以上の恋・SEXのリアル体験談に触れたことがきっかけで恋愛コラムニストに。  

PAGE TO TOP