恋愛成就研究ラボ

失恋のトラウマを振り切るには行動あるのみ【恋愛成就研究ラボ⑤】

ユウマとハヤト、二人とのデートを楽しむエン子。今日はハヤトての映画デートだった。そして二人は良い雰囲気になり……。

 

 

ハヤトにマッサージをしていると……
ハヤトの手がエン子の手の上に重なる。

ゆっくりと後ろを振り向いたハヤトはエン子に唇を重ねてきた

 

(ち、ちょっとここでキスするのは正解?不正解?)
(わかんない。わかんなすぎる~助けて京子様~!)
(もういい。このまま身をゆだねよう。本能に従おう)

 

ハヤトのキスはとても心地いい。

私たちはしばらく夢中でキスをした。

 

ハヤト「このまま、朝までこうしてたい」

 

その時、携帯の着信音が鳴る

 

「平川佑真」

 

と表示されている。

 

ハヤト「出ないの?」

(うわ。どうしよう……。とりあえず名前は見られてないよね)

エン子「だ、大丈夫。母だから」

 

(そうだ。私、ここに朝までいるわけにはいかないのよ)

エン子「終電まだあるかな?明日の朝、親が来る予定だったのすっかり忘れてた」

ハヤト「さっきの電話、本命の男だったりする?」

エン子「そんなわけないでしょ……」

 

(あー、もうハヤトに決めたいけどユウマさんに会って確認しなきゃいけないこともあるし。何か気を持たせること言いたいのに、言葉が出てこない)

(こんな時、京子様なら何ていうんだろう)

エン子「今日はすっごく楽しかった。また、会いたい」

ハヤト「俺はもっと一緒にいたかったけどね」

エン子「あはは、次は楽しみにしてて」

ハヤト「……」

エン子「じゃあ、また会社で」

(ダメだ、私。全く気の利いたこと言えてない)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

MARUKO
恋愛ゲームのプロデューサーとして活躍し、50本以上の作品を世に送り出す。 女性の胸キュン・シチュエーションを追及するなかで、1万件以上の恋・SEXのリアル体験談に触れたことがきっかけで恋愛コラムニストに。  

PAGE TO TOP